消費者金融会社一覧

債務整理のひとつ個人再生

 

個人再生は債権者に減額してもらうシステム

個人再生は、債務整理のひとつで借金を債権者に減額してもらい返済の負担を減らすものです。同じ債務整理である任意整理とは異なり、裁判所を介して手続きを行わなければいけません。そんな個人再生には、

 

 

  • 小規模個人再生
  • 給与所得者再生

の2種類がありますが、一般的に個人再生とは前者の小規模個人再生の事を指しています。この2つの大きな違いは

 

 

  • 再生計画に対して債権者の同意が不要という点
  • 可処分所得の2年以上の支払いが条件になっている点

です。しかし、現在個人再生を行う場合の殆どのケースでは小規模個人再生の方がメリットが高いため給与所得者再生が選択される事はありません。個人再生は自己破産のように借金が帳消しになる訳ではなく、あくまでも

 

 

減額してもらった残金を計画的に返済し借金を完済していくという解決方法です。


個人再生のメリットは?

個人再生のメリットとしては、裁判所を介するため原則的に借金が1/5程に減額されるので、任意整理と比べると返済がより楽になるというメリットがあります。また自己破産とは異なり、ローンを完済しているのであれば住宅や車を手放す必要もありません。

 

また住宅ローンの残っている場合であっても、個人再生なら住宅資金特別条項という制度を活用すれば住宅を手放さずに済むのです。では、カーローンの残っている場合はどうなのかというと、こちらはケースバイケースになってしまいます。

 

 

車は何とか手放したくないんだが・・・


ローンの残っている車の所有者が債権者である信販会社ではなく販売店になっている場合は、車の引き上げを拒否する事が可能です。しかし所有者が債権者である信販会社の場合、要求に応じて車は引き上げられてしまう可能性があります。それでも、

 

 

車が仕事上どうしても必要な場合では車を残す事が認めらるケースもあります


し、残りのローンを一括で支払えば車を手放さなくて済みます。

個人再生のデメリットは?

個人再生のデメリットとしては、個人信用情報機関に事故情報として記録されるため、カードやローンを少なくとも5年間は申し込み出来なくなったり国が発行する官報という新聞に載ってしまう事です。

 

 

任意整理よりも減額できて財産を放棄することもないのでメリットも大きいですが手続には返済を継続できる収入がある事が絶対条件です。


しかし、本当に借金で困っているならメリットの方が高い手続きと言えるでしょう。

消費者金融会社一覧簡単検索

当サイトおすすめ消費者金融会社一覧
土日祝日でも即日融資可能な金融業者一覧
家族に内緒で申込める金融業者一覧
専業主婦でも申込可能な金融業者一覧

消費者金融会社・銀行カードローン一覧からから目的のカードローンを絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

page top