消費者金融会社一覧

消費者金融と年収の関係を総量規制から考える

 

消費者金融では誰でも手軽にお金を借りることができるのがその特徴のひとつですが、この場合に必ず関係してくるのが総量規制という法律の規定です。

 

これは、消費者金融を利用してお金を借りようと考えている人であればある意味「常識」ともいえるもので、消費者金融で借りることができる金額の「総額」を定めたものです。総量規制では

 

 

消費者金融などのノンバンクで借りることができる金額について年収の3分の1までと定めています。


 

この「年収の3分の1」というのはひとつの消費者金融で借りることができる金額、という意味ではなく「消費者金融全体」で借りることができる金額という意味となっています。

 

たとえば消費者金融の大手であるプロミスでは最大で500万円まで融資を受けることができますが、仮にプロミスで500万円借りようとするなら、年収は最低でも1,500万円が必要ということになります。もちろんプロミス以外でどこかの消費者金融から

 

 

既にお金を借りていた場合にはさらに年収が必要です。


この総量規制の制約を受ける関係から、審査においては年収が十分にあっても既存の借入金額によっては融資を受けることができない可能性もあります。消費者金融といえどもコンプライアンス(法令遵守)の関係から法律で定められた総量規制の規定を無視して融資を行うわけにはいかないのが現状ですからしっかりおすすめキャッシングの中から申込条件に合致するものを探さなくてはいけません。

 

また、消費者金融業者の多くは「収入のない人」に対しては融資対象外としていますが、これも総量規制の規定が関係しています。たとえば仕事をしていない

 

 

専業主婦は消費者金融を利用してお金を借りることができません


が、これも総量規制が理由のひとつであり、そもそも年収がない専業主婦ではお金を借りることができません。よく消費者金融の広告などでは「収入と借入とのバランス」という言葉が使われますが、総量規制という法律を考えるとその意味がより深く感じられるのではないでしょうか。

 

年収の範囲で借りること、返せる範囲で借りることが消費者金融ではいろいろな意味で重要といえます。その他フリーローン低金利でかりいれが可能な場合でも審査を通過する条件のハードルは高いといえます。

消費者金融会社一覧簡単検索

当サイトおすすめ消費者金融会社一覧
土日祝日でも即日融資可能な金融業者一覧
家族に内緒で申込める金融業者一覧
専業主婦でも申込可能な金融業者一覧

消費者金融会社・銀行カードローン一覧からから目的のカードローンを絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

page top