消費者金融会社一覧

MENU

スーパーホワイトとはどういった状態か?

カードローンなどの利用を行う際には必ず審査を受ける必要がありますが、その際に利用されるのが信用情報機関に記録されている信用情報です。その情報に何の問題もない場合はホワイトと呼ばれる優良利用者という位置づけとなりますし、

 

 

逆に遅延や延滞、債務整理を行ったと言った情報があればブラックと呼ばれる問題のある利用者という位置づけとなり審査を通過できないことになります。


そしてスーパーホワイトとはこのどちらにも属さない信用情報機関に情報が無い人のことで、クレジットカードやカードローンといった類のものを全く利用したことが無い人のことを指します。

審査に必要な信用情報が無い場合の評価とは?

消費者金融のカードローンを利用する場合、信用情報を元にその人の利用実績を確認し問題が無いかどうかを審査に反映させるわけですが、スーパーホワイトの場合その情報が一切ないため利用実績などからその人の状態を確認することが出来ないと言うことになります。

 

 

どう判断すべきか情報がないと困るなぁ・・・


一見スーパーホワイトの場合は問題が無いように見えますが、情報が無い以上審査における判断をし難いということも考えられますし、通常ある程度の年齢を経ていればクレジットカードなどの利用が全くないということも少ないと言えます。

 

 

クレジットも所持していないなんて今時珍しいなぁ・・・


その為、30代〜40代という属性で利用実績が全くないスーパーホワイトの場合、何かクレジットなどを利用できない理由があるのではないかという疑いが貸金業者側に生まれることになり、それが原因で審査を通過できない理由ともなりえるのです。

スーパーホワイトはデメリットのほうが大きい

このスーパーホワイトの状態はホワイトでありながらプラスになる面がほとんどない状態と言えますので、出来るだけスーパーホワイトの状態にならないための対処を行う必要があります。現金主義の人の場合単純にクレジットなどの利用が嫌いという事も有ると思いますが、

 

 

まさか、現金主義だったことを否定されるなんて・・・


若い時ならそれでも問題ないですが年齢を経てくるとその考え方がマイナスに働くこともあります。なのでスーパーホワイトから抜け出すために携帯電話を購入する場合に分割で購入するなどの利用を行うなどの対策を講じることも手段のひとつです。

 

 

現金主義が悪いわけではないんだけど・・・


携帯電話を分割で購入した場合、それは割賦販売法による割賦販売という扱いになり、その情報が信用情報に記載されるためスーパーホワイトから抜け出すことが出来ます。

消費者金融会社一覧簡単検索

当サイトおすすめ消費者金融会社一覧
土日祝日でも即日融資可能な金融業者一覧
家族に内緒で申込める金融業者一覧
専業主婦でも申込可能な金融業者一覧

消費者金融会社・銀行カードローン一覧からから目的のカードローンを絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関