消費者金融会社一覧

MENU

携帯電話料金の滞納と消費者金融審査の関係性

昔に比べて携帯電話やスマホの価格も非常に高額になっており、一括で支払うことが難しくなっています。その場合、各キャリアでは24回の分割で携帯の本体代金を支払うことが出来る分割支払いを取り入れており、それにより

 

 

毎月の携帯代金と合わせて本体代金を支払うことで負担を少なくできるようなプランにしています。


この分割に適用されているのが割賦販売法と呼ばれる法律で、これはクレジットカードの分割払いと同じ方法となる支払い方法となります。その為、携帯代金の使用料金を支払う際には、純粋な利用料金と共に本体の分割代金も一緒に支払っていることになり、

 

 

それに気づかされないまま料金を支払っている人が多数いるのです。


本体の支払いに関しては自分で管理するしかない

要するに現在の携帯電話料金は使用料と割賦販売で購入した携帯本体の代金が合算された形で支払いを行っているわけです。

 

 

分割払いの代金を別で請求してくれればわかり易いのになぁ・・・


本来であれば使用料金は使用料金として支払い、分割代金は分割代金として支払うのが最も分かりやすい支払い方法となりますが、

 

 

キャリアで携帯電話を購入した場合には割引などが複雑に絡み合っているため使用料金と割賦販売での料金を切り離せなくなっているのが実情です。


その為もし携帯代金の支払いを遅延や延滞した場合には、割賦販売で購入した本体代金も延滞や遅延していることになり、その情報はクレジットカードと同じ信用情報機関のCICに記録されることになり、延滞や遅延が続く場合にはその情報が事故情報となってしまうため

 

 

キャッシングなどの審査にも大きな影響を与えることになります。


CICの信用情報にキズが付くと言うことは、いわゆるブラックリスト扱いになると言うことですのでクレジットカードやカードローンと言った契約の際には審査段階で問題ありということになります。

 

 

携帯料金の支払いが影響するなんて知らなかったなぁ・・・


その為携帯電話の使用料金を延滞していると考えていたはずが、実際には分割で支払っていた携帯代金の延滞にも繋がることになり、最悪の場合は携帯電話の利用停止や新たなローンの利用なども出来ないという状態になることが考えられます。

消費者金融会社一覧簡単検索

当サイトおすすめ消費者金融会社一覧
土日祝日でも即日融資可能な金融業者一覧
家族に内緒で申込める金融業者一覧
専業主婦でも申込可能な金融業者一覧

消費者金融会社・銀行カードローン一覧からから目的のカードローンを絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関