消費者金融会社一覧

MENU

個人事業主の申込の際の注意点

個人事業主が消費者金融から融資を受ける場合、当然のことですが安定した収入を重視して審査が行われます。消費者金融が重視するところの安定した収入という点でいえば会社員や公務員ほど評価は高くないといえます。

 

事業費としてお金を借りたいけど審査は大丈夫かなぁ・・・


基本的に収入が安定しているとはいいきれない立場である以上、できるだけその得ている収入が安定していることを証明できなければ審査において信用を与えることができません。

消費者金融の個人事業主の評価って?

その証明するものとして確定申告書の提出があるのですが継続して安定した収入を得ている場合は毎月の売上が記されている計算書などを添えて提出するのもひとつの信用を与えるには良い方法です。

 

どのくらい融資が必要なんだい!


しかし、得ている収入が不安定である場合、逆に毎月の売上計算書などを提出するのはマイナス材料にもなりかねません。

 

40万円あればいいんだけど・・・


ですから、必要以上な書類を提出する場合、自分に有利となる材料であれば、準備だけしておいて提出する前に確認して提出するか自分に不利になる場合は必要以上の書類は提出すべきではありません。

 

それなら消費者金融のカードローンに申込むといいよ!


但し、消費者金融によっては事業ローンでは確定申告書や事業を疎明する書類が必要となりますが通常のカードローンでは事業を疎明する書類は求められませんし、通常のカードローン50万円迄の顧客は収入証明を提出する必要がありません。

 

それって事業費として利用可能なのかぁ・・・


ですが、他社で借入がある場合や個人事業主の場合は50万円以下の借入であっても収入証明を要求される可能性が高いので事前に用意しておくこともしかりですが、その時は指示に従うようにしましょう。

個人事業主の消費者金融の利用方法

前述しましたが、個人事業主でカードローンを利用する場合は消費者金融にもよりますが事業者向けのカードローンと通常のカードローンをどちらで申込をすべきか判断がつかないといったことがあります。その場合、融資を受けたい金額で選択するのが賢明といえます。

 

プロミスのフリーキャッシングなら個人事業主の場合は事業費として利用するのも可能だよ!しかも審査に通れば即日融資も可能だから便利だよ!


個人事業主は確かにどちらを選択するにも収入証明を要求される可能性はありますが、例えば、消費者金融のプロミスの通常のカードローンであれば事業費としても利用可能であるのでひとつの目安として50万円迄なら通常のカードローンへ申込むほうが、

 

本当だね!早速プロミスで申込んでみるよ!


基本的に提出する書類も少ないというメリットがあります。また、50万円以上の融資が必要であれば、プロミスの場合なら自営者カードローンという個人事業主向けのカードローンもあるので、選択肢が増えるという事です。

 

40万円なら収入証明書は必要ないけど一応確定申告書を用意したほうがいいよ!


この場合は自営者カードローンを選択するということではなくその状況に応じてどちらで申込むかを判断すべきです。ひとつの方法としてですが最初は少額の融資で利用実績を作ってから増額融資という形で業者に相談してみるのも良いでしょう。

消費者金融会社一覧簡単検索

当サイトおすすめ消費者金融会社一覧
土日祝日でも即日融資可能な金融業者一覧
家族に内緒で申込める金融業者一覧
専業主婦でも申込可能な金融業者一覧

消費者金融会社・銀行カードローン一覧からから目的のカードローンを絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関