消費者金融会社一覧

MENU

住宅ローンを組む事は消費者金融の審査に影響するのか?

住宅ローンを組む事自体は消費者金融の審査に影響はありません

住宅ローンの借入れ先は主に銀行になりますし、担保型のローンになる為

 

 

この場合は総量規制の対象にはなりません


最近では住宅金融支援機構と主に銀行などの金融機関が提携して住宅ローンの融資を行う、フラット35という住宅取得支援制度もありますが、この場合も総量規制が適用されることはありません

 

総量規制とは、貸金業法上の個人への無担保融資に対する貸付金額の上限に対する規定です。住宅ローンは無担保で行われることはなく、

 

 

原則的にその住宅を担保として融資が行われます。


他に住宅や土地を所持している場合はそちらを担保に不動産担保ローンとして融資を受けることも可能ですが、この場合もその住宅や土地が担保になります。

 

担保のある融資が総量規制の対象になることはなく、また、銀行には貸金業法自体が適用されないこともあり、住宅ローンはどのような場合でも総量規制とは無縁となります。

住宅ローンを組んで消費者金融の審査に影響がある場合とは?

ですが、住宅ローンを組んでいると、その間は消費者金融の利用が難しくなることがあります。これは、住宅ローン中だということが直接の問題なのではなく、その月々の返済額が審査に影響を与えてしまう為です。

 

消費者金融への申込時には様々な個人情報を申込用紙に記入しますが、その中には住居形態についての情報も含まれています。ここでは、持ち家か賃貸か、もしくは住宅ローン中かといった情報や、賃貸やローン中の場合はそれぞれ月々の家賃や返済額の記入が必要になります。

 

 

この家賃や返済額は毎月の固定支出として判断される


ので、その分消費者金融への返済に回せるお金が少なくなるということになります。よって、それらの支払いが無い人と比べた場合、どうしてもその分審査が厳しくなってしまうのです。

 

もちろん収入との兼ね合いになる為、年収が多い場合はそれほど問題にならないケースもありますが、住宅ローンの月々の返済を考慮すると、どう考えても返済は厳しいだろうと判断されてしまった場合、消費者金融を利用するのは難しくなってしまうということです。

消費者金融会社一覧簡単検索

当サイトおすすめ消費者金融会社一覧
土日祝日でも即日融資可能な金融業者一覧
家族に内緒で申込める金融業者一覧
専業主婦でも申込可能な金融業者一覧

消費者金融会社・銀行カードローン一覧からから目的のカードローンを絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関