消費者金融会社一覧

MENU

個人信用情報機関の役割とは何なのか?

消費者金融のカードローンなどを利用する場合必ず審査を受ける必要がありますが、その際に必ず利用されるのが個人信用情報と呼ばれる情報です。消費者金融はこの個人信用情報を照会することで

 

 

申込者の属性を知る事ができ、審査に支障が無いかどうかを判断する事になります。


個人信用情報の具体的な項目としては、

 

 

  • 今までのローンの申し込み状況や返済状況
  • クレジットカードの利用状況や返済状況
  • 返済にあたり遅延などがあったかどうかの情報
  • 債務整理などを行っていないかといった情報

などが記載されます。勿論、利用者の氏名や年齢、家族構成と言ったものも記載されていますので、基本的に消費者金融に申し込む際に記入する基本情報は個人信用情報機関にも記載されていることになります。

個人信用情報機関への加入について

この個人信用情報を管理する機関には複数の機関が存在していますが、その中でも指定信用情報機関と呼ばれる国から指定されている情報機関に関しては、消費者金融などの貸金業者は必ずその機関への加入が義務付けられています。指定信用情報機関となるのは

  • (株)日本信用情報機構
  • (株)シー・アイ・シー

の2社が現在の所指定信用情報機関となっています。その為この2社に加入していない貸金業者は、正規の業者ではないと言うことが言えますので、借りる側も貸金業者が安全かどうかを指定信用情報機関に加入しているかどうかで判断することが出来ます。

 

 

指定信用情報機関への未加入業者への申込みは危険と判断できます。


指定信用情報機関の役割として最も大きなものは、多重債務や自己破産といった利用者の不利益となる状況を未然に防ぐことが最大の目的ですので、貸金業者の照会に利用されるだけではなく、貸金業者を利用する利用者の生活を守るという大きな意味合いがあります。

 

 

信用情報機関が存在するから安心して利用できるのかも・・・


もし指定信用情報機関が存在していない場合は、貸金業者からの無理な貸付が起きる可能性もありますし、それによる多重債務者の増加も考えられますので、信用情報機関の重要性はとても高いといえます。

消費者金融会社一覧簡単検索

当サイトおすすめ消費者金融会社一覧
土日祝日でも即日融資可能な金融業者一覧
家族に内緒で申込める金融業者一覧
専業主婦でも申込可能な金融業者一覧

消費者金融会社・銀行カードローン一覧からから目的のカードローンを絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関