消費者金融会社一覧

MENU

消費者金融の適用される金利が違う理由

消費者金融でフリーキャッシングの契約を行った場合、100万円以下の借入時には18%の金利が適用されることがほとんどです。それと比べて銀行のカードローンでは平均して15%程度になります。

 

 

消費者金融の金利がもう少し低ければ嬉しいんだけどなぁ・・・


この金利の差があるのは、消費者金融と銀行が行っている業務内容が違う為です。消費者金融ではお金を貸してその金利を得る貸金業務しか行っていませんが、銀行ではその貸金業務に当たる融資業務に加え、

  • 預金業務
  • 為替業務

を行っています。特に預金業務を行っている面が大きく、僅かな利息で融資資金を調達することができます。

貸付業務の為の調達資金による手数料の支払いが影響している?

消費者金融は銀行から融資を受けたお金を貸しているところも多く、預金業務によって一般の人から資金を調達できる銀行と比べた場合、どうしても金利を高く設定せざるを得ません。また銀行の融資業務は担保をとった上で企業が相手の貸付がほとんどです。

 

 

調達資金の違いだけなの?


一般の顧客に対して無担保で行うフリーキャッシングと比べ、まず貸し倒れになるといったことはなく、安定して利益が見込める融資だと言えます。消費者金融では一般の顧客に対して無担保での融資がメインになる為、常に貸し倒れになる危険があります。

  • 銀行の融資業務は企業相手の大口が多くリスクも小さい
  • 消費者金融の貸付業務は個人の無担保がメインでリスクが大きい

その為、銀行と比べてどうしても金利を高く設定しないといけない訳です。

消費者金融が有利となるサービスとは?

しかしながら、決して消費者金融を利用するメリットがない訳ではありません。銀行では貸し倒れになることを一番嫌う為、審査は厳密に行われます。その為、消費者金融では融資が受けられる人でも銀行では審査を通過できないことがあります。

 

 

個人が利用しやすいサービスが充実している消費者金融は銀行とターゲットにしている顧客が違うからかぁ・・・


フリーキャッシングの審査の通過率は銀行と消費者金融では約2倍違うというデータが金融業界紙によって公表されています。この審査の通過率の差が消費者金融を利用する最大のメリットだと言えます。いくら金利が低くても審査を通過できない事には借入は行えません。

 

 

消費者金融は平日や土日祝日を問わず原則的に毎日営業を行っている業者が殆どです。


数%の金利の差はありますが、いつでも営業を行っていて、審査に掛かる時間が短く、またその通過率も高い消費者金融を利用する方が現実的な選択になる場面も多いと言えるでしょう。

消費者金融会社一覧簡単検索

当サイトおすすめ消費者金融会社一覧
土日祝日でも即日融資可能な金融業者一覧
家族に内緒で申込める金融業者一覧
専業主婦でも申込可能な金融業者一覧

消費者金融会社・銀行カードローン一覧からから目的のカードローンを絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関