消費者金融会社一覧

MENU

消費者金融会社の優良案件を一覧にしましたのでこの中から選ぶのがベストです

当サイトを閲覧されている方は始めて消費者金融(カードローン)を利用される方が大半だと思います。ですから金利重視の方には『最初に審査でおりる借入枠は最大でも50万円以下』ということを認識した上でその借入枠で適用される最大金利(金利表記の右側〜○○.○%の方)の金利を判断基準にしてください。

 

審査は大手消費者金融系のカードローンが銀行系の保証会社もしているのでしっかり審査してくれると言えます。
総合すると低金利で初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)大手消費者金融プロミスが当サイトおすすめナンバーワンになっています。

消費者金融会社一覧簡単検索

当サイトおすすめ消費者金融会社一覧
土日祝日でも即日融資可能な金融業者一覧
家族に内緒で申込める金融業者一覧
専業主婦でも申込可能な金融業者一覧

消費者金融会社・銀行カードローン一覧からから目的のカードローンを絞り込み検索

 

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

当サイトおすすめ消費者金融ランキング一覧

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

実質年率 年1.8〜14.6%
借入限度額 最高500万円
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円
リザーブドプラン【スルガ銀行カードローン】

スルガ銀行

金利 年利 3.9%〜14.9%
限度額 最高 800万円

土日祝日でも即日融資可能な金融業者一覧

カードローンの融資方法は、振込融資かカードでのキャッシングのいずれかで融資を受けなければなりません。土日に申込んで即日融資を受けるとなると、

 

 

振込融資は金融機関の休業日なので、特別な振込融資サービスがないと基本不可能ですし、カードでのキャッシングは自動契約機のないカード郵送のカードローンでは即日の受取は不可能です。


特別な振込融資サービスのある消費者金融業者

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスには、瞬フリという便利な振込サービスがあります。これを利用すれば、

 

 

土日祝日の金融機関の休業日でも申込日当日に振込融資を受けることができます。


土日祝日の即日融資に最適な消費者金融業者のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

プロミスの瞬フリでは土日祝日でも即日振込みを可能にしてくれる便利なサービスです。利用するためには、
・三井住友銀行
・ジャパンネト銀行
どちらかの口座を登録する事で利用可能になり、24時間365日最短10秒で振込融資が可能です。自動契約機の設置台数も業界最多の約1,700台ですので、土日祝日でも最適なカードローンということが言えます。
初回30日無利息サービスも土日祝日でもメールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能です。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

専業主婦でも申込可能な金融業者一覧

収入のない専業主婦では消費者金融業者を含む貸金業者から借入することはできません。収入のない専業主婦は銀行カードローンのみが申込可能になりますが、金融庁の規制から銀行カードローンも専業主婦への貸し出しには消極的になっています。

 

その中でも専業主婦申込可能な銀行カードローンが以下のカードローンになります。

専業主婦でも申込可能な銀行カードローン
銀行カードローン 金利 専業主婦借入可能額 詳細
スルガ銀行リザーブドプラン 年3.9%〜14.9% 最高30万円 詳細

家族に内緒で申込める金融業者一覧

家族に内緒で借りるには、家族にバレないようにして申込や借り入れをしなければなりません.家族にバレる要因としては、

 

 

  • 申込後に自宅に電話が掛かってくる
  • カードローン業者からの郵送物が自宅に届く
  • 利用明細が自宅に届く

この三要素です。カードが見付かるというよそもありますが、これは自分で気をつけることができる範囲なので注意しましょう。カードレスにするという手段もありますが、そうなると振込融資のみになってしまいますので少々不便になってしまいます。各金融業者の家族にバレない対応策を見てみましょう。

申込後に自宅に電話が掛かってくる

これは各社とも申込フォームで携帯番号を入力すれば、携帯に電話が掛かってくるので回避することができます。

 

 

大手消費者金融に限らずどのカードローンでもこの辺の対策は講じられていますので安心してください。


カードローン業者からの郵送物が自宅に届く

これは契約書やカードの郵送がストップできるか否かに関わってきます。カード発行機のある大手消費者金融の場合は、

 

 

カードと契約書をその場で受け取ることができるので郵送物をなしにすることができます。


またプロミスにはWEB完結という申込方法があり、カードレスで郵送物もなしで申込める方法があります。プロミスのWEB完結の場合には後でカードも発行することができるので便利です。モビットにもWEB完結という申込方法がありますが、郵送物なしで申し込めるのですが完全カードレスとなり、カード発行はできません。また正社員じゃないとこの申込方法はできません。

利用明細が自宅に届く

カードローンの場合、借り入れをすれば通常利用明細が自宅に届きます。これが届かないようにするにはWEB上で明細を確認することができるようなサービスに申込まなければなりません。

 

 

プロミスの場合は初回30日無利息サービスを利用の際、どの道WEB明細を申込まなければなりませんので、利用明細は自宅に届かないようになります。


家族に内緒で申込無為の項目一覧
自宅への電話 自宅への郵送物 自宅への明細郵送
プロミス 携帯で可能 WEB完結&自動契約機 WEB明細
プロミスレディース 携帯で可能 WEB完結&自動契約機 WEB明細
アコム 携帯で可能 むじんくん WEB明細
モビット 携帯で可能 WEB完結&ロ−ン申込機 WEB明細

パート・アルバイト・学生でも申込可能な金融業者一覧

消費者金融はパート・アルバイトでも申し込むことができます。申し込みには安定収入が必要になりますが、定期的にパート・アルバイトをしているのであれば安定収入があるとみなされ、審査可能になります。もちろん学生でも、

 

 

20歳以上でアルバイト等で安定収入があれば申し込みが可能です。


大手消費者金融業者であれば、銀行カードローンの保証業務もこなすくらい審査能力が高いので、こういった与信の低い方でもしっかりとした審査が可能になります。

 

対して銀行カードローンでは、目下金融庁からの制限を受けて事業の縮小傾向があります。総量規制の影響を受けない為、消費者金融の受け入れが不可能な債務者を受け入れることによって借入残高を伸ばしてきましたが、現在は申込・審査共に困難な状況になっています。ましてや与信の少ないアルバイトやパート・学生などの申込は極めて困難になっています。

消費者金融は儲かる?

今や店舗を持たない消費者金融もある

消費者金融は、現在では非常に多くの業者が店舗を構えています。インターネットの普及した最近では、実体としての

 

 

店舗を持たずにネットの中だけで申し込みから契約まで完結できるシステムを構築している業者


もあり、それぞれ異なる特徴を持っているのが消費者金融という業界といえるでしょう。

大手消費者金融のイメージは良い!?

そんな消費者金融の中でも「大手」と呼ばれる業者はテレビのCMや新聞広告などで大々的に宣伝していることもあり、一般的な認知度も決して低いものではなくなっています。収入を得ていれば誰でも手軽に申し込むことができる、消費者金融に抱くキャッシングというイメージとはそういうものではないでしょうか。

 

次にこの「消費者金融」というビジネススタイルを考えた場合、気になるのは収益がどれぐらいあるのか、という点です。消費者金融業者の収入源といえば、やはり

 

 

融資をした利用者が返済時に支払う利息です。


消費者金融業者には無利息のサービスもある

その利息は、消費者金融ごとに異なる金利と融資した金額によって計算されますが、簡単にいえば貸し付けたお金の何パーセントかを上乗せして返済してもらうことになります。消費者金融の中には一定期間無利息で利用できるというサービスを用意しているところもありますが、完全に利息がつかないというサービスを行っている業者は皆無ですが初回限定でのプロミスの

 

 

初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)


はぜひとも利用しておきたいサービスです。

消費者金融業者にとって利息は重要

このことからも、消費者金融業者にとって「利息」というものが重要なテーマであることがわかります。つまり、融資を希望する利用者が増えれば増えるほどそこには確実に「利息」を得ることができる仕組みがあり、それだけ儲かる構造があるということになります。

 

もし返済が困難だとしても、「利息分だけの支払いでOKです」といえますので、利息を取り損なう可能性も低いといえます。そのため、消費者金融は確実に利息を得るために返済能力を判断する「審査」を重視していると考えることもできます。

 

より多くの人に利用してほしいと考えるのはどの業者も同じですが、誰でも無条件に融資を行っていると、「貸し倒れ」が発生する危険性もあります。消費者金融が儲かるためにはこうした「審査」も含めた一貫したサービスが根幹にあるといえるでしょう。

学生が消費者金融を利用するには?

学生が消費者金融を利用するには二つの条件が在ります。それは、

 

 

  • 年齢が20歳以上であること
  • アルバイト等で安定収入があること

この条件を満たしていれば学生でも申込が可能になります。もちろん審査に通るかどうかは別の問題ですが。年齢が18歳以上20歳未満の方は親の同意書があれば申込が可能になります。